プロフィール

hiroya.n

Author:hiroya.n
来てくれてありがとう!こちらは暇を持てます大学生です。好きな事は旅行や買い物。嫌いな事は飲み会での「取り敢えずビールで!」酒というよりは炭酸系が苦手なんだよね・・・。右下の旅行写真をクリックすると旅行ブログにもとべますので是非そちらの方も見てやって下さい!

それと重要な事が一つ!軽いネタバレに注意です!
気軽にコメント下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


全記事表示リンク


プラネタリウム


ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誰も守ってくれない」

社会派ドラマです。学校の授業とかで流して欲しい作品ですね。

誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD]誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD]
(2009/09/02)
佐藤浩市、志田未来 他

商品詳細を見る
「背筋が凍るな、おい。」って何度も言ってたけど、別に流行らないと思う・・・そんなに面白くもないし。

この映画は観ていて笑えるシーンなんて一つもないですよ。
当然ですよね、犯罪の加害者の家族が受ける非難を題材にした映画だから。
だけど、絶対に観た方がいいと思う映画です。幼い子にはまだ無理かもしれないけれど、自分も将来的には子供に見せなければならないと思える作品だから。

事件の犯人の家族。
確かにその加害者をそんな風に変えてしまった、育てたのは家族という最も身近な環境が大きいと思う。
だから、その家族にも全く責任がないなんて言えないと思う。けど、それだったら近所の住民は?学校の友達は?先生は?
人っていう生き物は出会う全ての人から様々な影響を受けると思ってます。身体的にも精神的にも大きく成長する未成年は特にね。彼らだけが悪いわけじゃない。犯人以外の人物に怒りの矛先を向けるのは間違っていると思います。

でもやっぱり被害者の家族からしてみれば、犯人の家族も許せない存在ですよね。もし自分の大切な人が殺されたりしたら、自分だってどうなるかは今は分かりませんから( 一一)

ただ興味や好奇心といった面白半分で、当事者と関係のないものが首を突っ込むのは許されない事だと思います。
今は何でもかんでも、知る権利があるせいで報道者の追撃は免れないし、そのくせプライバシーの保護なんてものは、一般市民からネットを通してダダ漏れもいいところ。
っていうかネット怖いよ( 一一)
表現の自由とか言われて、ネット上では匿名で何でも言える。
自分は絶対の安全圏にいるから強気に思ってること以上の事を何も考えずに書ける。
平気で人を傷つけることを、普段言えないようなことを書ける。

結局、ネットの住人達は新しい事件が起きたらすぐそっちに興味を向けてしまって・・・
被害者側と加害者側両方の家族の気持ちが分かるからこそ、こういう存在は気に喰わなかったですね。

ただ、ある程度の迫害的なものは受けてしょうがないことだと思います。似たような内容で「手紙」というのもありますが、どちらも結局答えは出ないまま。何を思いどう考え、実行するかは結局個人次第っていうことですね。

何だか長くなってしまいましたが、皆さんもこの映画を観ていただければ色々と考える事ができると思いますので、是非時間があるときに観てみて下さい。
評価は「☆☆☆☆☆」です。

ちなみに
手紙 スタンダード版 [DVD]手紙 スタンダード版 [DVD]
(2007/04/27)
山田孝之、玉山鉄二 他

商品詳細を見る


こちらは大分前に観た作品ですけど、同じような内容ですので、好きなキャストで観たい方を!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://hiroya1207.blog.fc2.com/tb.php/29-80dd748a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。